Clicky

多肉植物を枯らしてしまって思う事

多肉植物エノプラ,多肉植物,枯らした

こんにちは。

いつも浜焼さざえのブログをお立ち寄りいただきありがとうございます。

残念な事に最近入手した多肉植物ユーフォルビア エノプラ(紅彩閣)を枯らしてしまいました。
同じことが起こさないためにも振り返って原因を探りたいと思います。

ことの発端は・・・

エノプラ(紅彩閣)の悲劇

日光浴を好むと思いベランダの出口に置いてリビングでテレビを見ていると”ガタン!”と何やら音がしました。

何が起きたら確認すると・・・

被災する前の無傷の頃

なんとエノプラ(紅彩閣)が床に転がっているではありませんか・・。
しかも可愛く芽生えていた子株がもげ落ちていました。
原因は?と見ると・・・
どうも「突っ張り棒」がエノプラ(紅彩閣)を直撃した模様。
床にエノプラ(紅彩閣)と一緒に転がっていました。

当座のリカバリー処置

歪んでしまったエノプラ(紅彩閣)を立て直し、溢れたハイドロコーンを元に戻した後、もげ落ちた子株をハイドロコーンに挿して、少し水やりして一応リカバリー完了。

もげ落ちた子株(下中央)と本体(下部)からは白い樹液がジワ~~っと出ています。

エノプラ(紅彩閣)の子株がもげた所から「白い樹液」が出ていたので触れない様に注意しての作業でした。

この樹液は有害で肌に付くとカブれる事がある様です。

多肉植物とサボテン

最初はサボテンかと勘違いしていたエノプラ(紅彩閣)。

実はサボテンは多肉植物と呼ばれる葉、茎や根に水分を蓄える植物の仲間です。

wikipediaで多肉植物を調べると・・・・

多肉植物には大別して2種類ある様です。
  1. 多くの種が多肉化した科のモノ
    • 例)サボテン科、アロエ科、ハマミズナ科、ベンケイソウ科 など
  2. 科の中のごく一部の種のみが多肉植物と呼ばれるモノ

多肉植物の科別種数と分布(出典:Wikipedia"多肉植物")
種類数特徴部位分布
リュウゼツラン科 (Agavoideae)300北米、中米
サボテン科 (Cactaceae)1600茎 (根, 葉)アメリカ大陸
ベンケイソウ科 (Crassulaceae)1300葉 (根)世界中
ハマミズナ科 (Aizoaceae)2000アフリカ南部、オーストラリア
キョウチクトウ科 (Apocynaceae)500アフリカ, 中近東, インド,
オーストラリア
ディディエレア科 (カナボウノキ科) (Didiereaceae)11マダガスカルの固有種
トウダイグサ科 (Euphorbiaceae)> 1000茎、葉、根オーストラリア, アフリカ,
マダガスカル, アジア, アメリカ大陸,
ヨーロッパ
ツルボラン科 (Asphodelaceae)
(APG植物分類体系ではアロエ科を含む)
500アフリカ, マダガスカル,
オーストラリア 
スベリヒユ科 (Portulacaceae)?葉と茎アメリカ大陸, オーストラリア,
アフリカ

我がエノプラ(紅彩閣)は何処にいるのかと探してみると・・・・

いましたいました。 「多肉植物ートウダイグサ科ートウダイグサ属ー紅彩閣」です。

最初にスペイン語で表示されましたらGoogleの日本語翻訳でバッチリ読める様になります。

一般的に園芸店などでは、多肉植物の表記は「種類の多いサボテン」「その他の多肉植物」に大別して表記されている場合がある様です。

エノプラのその後の経過は・・・・

それまですくすくと育っていましたが、5/1に状態は急転直下、一変します。😱

お天気も良かったので、日光浴と水やりをしてベランダのに置いておくと・・

なんか上半分が焦げ茶色に変色している・・。

うん❓ 水が足りないかな?と少し追い水を(あげてしまったのです~~~っ!)

夕方見ると焦げ茶色の部分がどんどん広がっている‼︎😱😱

エノプラ(紅彩閣)の特徴のトゲも焦げ茶色に・・。

あ~~~っ、咄嗟に「枯らしちゃたーっ。」と・・😭

感じて焦っても「時すでに遅し」です。

考えられる原因は・・

もげ落ちてから2週間は頑張っていたのですが・・

善かれと思った急な日光浴と水やりが原因だったと思うのです。

「小さな親切、大きなお節介」。 名優「車 寅次郎」さんの教えです。

一番の原因は「水のやり過ぎかな?」と・・・、加えて急な日光浴も負担が大きかったかな?

子株をハイドロコーンから抜いて触って見ると「少しブヨブヨ」している感じがしましたが、

根らしきものは未だシッカリしてる様に見えましたので改めて植え付けし直しました。

しばらく様子を見て復活しない様なら、残念ですが退陣して貰う予定です。

新たな目覚め(まとめ)

これまで植物などは育てた経験はありませんでしたが、完全退職して100均やDIYの園芸コーナーなどで

お手頃価格の観葉植物を見かける様になり自室の模様替えも含め、良いキッカケと思い購入したのですが、

今回の様な結果になると「情が移っているのか」、可哀そうな・申し訳ない様な複雑な気持ちになりますね。

今回の件が一段落した後、新たな仲間を迎え入れることも検討したいと思いますが、

それまでに多肉植物について少し知識の補給をしておこうと思います。

最近、苔や多肉植物と寄る年波なのか?今まで興味が無かった事に目が向く様になった変化を感じています。

新型コロナウイルスがなかなか沈静化する様子もなく、家に籠っている時間が伸びた分の

ストレス解消の一策として良いかもしれませんね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。